カテゴリー:日本の水

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南アルプスの天然水 採水地:山梨県北杜市白州町

alps.gif

4本目は私がよく口にするサントリーの「南アルプスの天然水」です。自動販売機でもよく売られていますので多くの方が口にした事があるのではないでしょうか。栄養成分表示はといいますと

成分100ml当たり硬度30mg/L(軟水) pH値:約7
エネルギー0kcal、タンパク質•脂質•炭水化物0g
ナトリウム0.4〜1.0mg、カルシウム0.6〜1.5mg、
マグネシウム0.1〜0.3mg、カリウム0.1〜0.5mg

という事です。飲み馴れていることもありますが、やはり美味しくいただきました。上品かつ親近感のあるミネラルウォーターではないでしょうか。

サントリー天然水(南アルプス)550ml×24本

[2CS] サントリー 天然水(南アルプス) (2L×6本)×2箱
スポンサーサイト

自然水 採水地:山梨県甲州市塩山竹森

surf-yamanasi.gif

3本目は今回初めて口にするサーフビバレッジの「自然水」です。パッケージを見ますとなにやら地球に優しい新エネルギー利用水と記載されております。バイオマスエネルギーやらカーボンニュートラルやら聞き慣れない言葉ですが、要するに製造過程でCO2排出量が少なく地球に優しいという事のようです。栄養成分表示はといいますと

成分100ml当たり硬度49mg/L
エネルギー0kcal、タンパク質•脂質•炭水化物0g
ナトリウム0.8mg、カルシウム1.4mg、
マグネシウム0.3mg、カリウム0.2mg

という事ですがこちらの水は軟水です。

近所のドラッグストアーで購入したのですが、今回初めて飲んだのですが一口、口に入れた瞬間に美味しいと感じました。パッケージも素朴な感じで好感がもて体の中からキレイになる気が致しました。一度飲んでみてはいかがでしょうか。

サーフビバレッジ 自然水

その他サーフビバレッジ商品はこちらになります。→サーフビバレッジ

富士山のバナジウム天然水 採水地:山梨県富士吉田市

fujisan.gif

2本目はアサヒ飲料の「富士山のバナジウム天然水」です。うれしい天然ミネラルバナジウム(6.2μg/100ml)。パッケージに記載されております栄養成分表示はといいますと

成分100ml当たり硬度29mg/L(軟水)
エネルギー0kcal、タンパク質•脂質•炭水化物0g
ナトリウム0.31〜0.62mg、カルシウム0.75mg、
マグネシウム0.26mg、カリウム0.05〜0.16mg
バナジウム6.2μg

という事ですがこちらの水は天然ミネラルバナジウムという物が入っているとの事です。

ちなみに天然ミネラルバナジウムとは地中や海中に含まれているミネラル成分の事で、サイトによると富士山のバナジウム天然水は 富士山の玄武岩を多く含む地層から溶け出した"天然ミネラル"バナジウムを豊富に含んだ毎日をイキイキさせてくれる新習慣健康水だそうです。

ミネラルウォーターといったらバナジウム入りでなくては購入しないという方がいるくらいこだわりの一品です。とても飲み易く感じました。バナジウム入りという事で生活習慣病に気をつけている方にお勧めです!

アサヒ飲料 富士山のバナジウム天然水 530ml×24本

アサヒ飲料 富士山のバナジウム天然水 2L×6本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。